2014年7月17日木曜日

松平家ゆかりの「ざくろの木」に花が咲きました!

昨年、群馬県前橋市からいただいた、松平家ゆかりのざくろの木に花が咲きました!

前橋市でザクロが栽培されるようになった由来は、幕末の前橋藩主・松平直克が子孫繁栄のために家臣にザクロの木を植えるように勧めたことが始まりだそうです。(前橋市HP、山口新聞 より)


前橋市は、萩市出身の初代群馬県令・楫取素彦が前橋市に県庁を置いた縁で、萩市と友好関係にあります。

楫取素彦は来年の大河「花燃ゆ」のヒロイン・文の2番目の夫となった人物です。
楫取素彦、文に関する資料は萩図書館2階に所蔵していますので、併せてごらんください。


ちなみに、ザクロの花言葉は「成熟した優美」「優雅な美しさ」です。

花が彩る萩図書館にぜひご来館ください!
ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ

0 件のコメント:

コメントを投稿