2015年3月27日金曜日

萩図書館が国立国会図書館企画協力員賞を受賞

萩図書館がレファレンス協同データベースの積極活用で
「国立国会図書館企画協力員賞」を受賞しました。


この賞は国立国会図書館が図書館間のレファレンスデータの共有、相互の利活用を促進するために、ネット上で積極的にデータ登録アクセスを行っている図書館を平成22年度から、企画協力員賞として表彰しているものです。
レファレンスサービス:利用者の調査相談に司書が助言・協力を行うサービス


国立国会図書館は平成26年度のレファレンス協同データベースの登録システムを積極的に活用実践した4館を優秀館として選び企画協力員賞の贈呈を決め、そのうちの1館に萩図書館が選ばれました。
レファレンス協同データベースホームページはこちら


萩図書館は
「平成25年から積極的なデータ登録を始め成果をあげていること」
が評価されました(^O^)


萩図書館は本に関することや、利用者の調べものの相談を
いつでも受け付けています。

お気軽にお尋ねください(*^^*)

0 件のコメント:

コメントを投稿