2016年2月28日日曜日

ライブラリーセッション「萩とこれから」



少しずつ春の気配が感じられるなか、萩図書館にて

ライブラリーセッション「萩とこれから」 が行われました。





講師の塩満直弘(しおみつ なおひろ)さんは萩市生まれ。


カナダ、ニューヨークで2年間生活され、


帰国後、スポーツメーカー、旅館での修行を経て、

                    ルコ
2013年10月、萩市にゲストハウス「ruco」をオープンされました。


 



  「萩の歴史・地理的な魅力を伝えられる人々の出会いの場にしたい」

  「様々な世代の人が道を歩いている、そんな風景が見れたら」
 
   と語る塩満さん。



  「若者が可能性を感じる町になってほしい」

 
  「萩にあるものに価値があるだけではなく、萩に集まる人にこそ

   本当に価値がある」

 など、参加者の方々からも、様々な意見がとび出しました。



塩満さんと、参加者の方々が萩とこれからについて熱い想いを語り合い、

今までにない雰囲気のライブラリーセッションになりました。 


  

0 件のコメント:

コメントを投稿